忍者ブログ

Naughty Dwarf

パディントン街へ行くを読了。パデェタンほんっと可愛すぎる。
2019
04,20

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006
08,30
ようやくMr.&Mrs.Smithを見ました。
娯楽映画の王道ですね!あ、もちろん褒め言葉ですよ!!

現実離れした話の数々がたまらなくツボです。
へタレなジョンと超強気なジェーン、いいカップルじゃございませんか。
殺し屋夫婦が、互いの正体を知って殺し合いに発展、とゆーストーリーなんですが、血なまぐさいシーンはほっとんど無いです。
コメディですものね。
ブラピとアンジーの迫力ある夫婦喧嘩が見られて満足です。
メッセージ性とかストーリーの伏線とか、全く考えないで頭空っぽにして楽しめました。
ただ、あのラブシーンはカットしてよかったのではないかと思うのですがねぇ・・・
ラストの10段階で?と聞かれ、「10」と小声ながら勢いよくいうジョンが大変可愛かったです(細かい)

そういや、いい加減ソウ2も見なくては(義務感)
だって3やるんでしょう?
10月下旬だっけか。
怖いーでも見たいー

そ、そうだ。ソウ2と一緒に心温まる映画を一緒にレンタルしてこよう。
あ、この機会にギルバート・グレイプを見るか!
間違ってもホラー、スプラッタ、サスペンスの3連投は避けなくてはなりませぬ。
以前、ソウと0:34を連続して鑑賞し、地獄を見ました。
同じ過ちは二度と繰り返すまいて。
PR
2006
07,06
『クリスティーナの好きなコト』
原題 The Sweetest Thing

キャメロン・ディアスが出てるので見ました(短絡的)
イン・ハー・シューズを借りようと思ったんですが全てレンタル中だったので諦めた次第です。
彼女が出てるならなんでもいいや、と投げやりになって借りたのが「クリスティーナ・・・」。

とんでもないコメディです(ぇ
個人的にはR指定付けたいくらい、過激なネタが盛り込まれていました。
実際、上映時に「過激すぎる」とカットされたシーンもあったくらい。
そのシーンもDVDにはちゃーんと入っているんです。
いやはや、笑えましたねー!


そんな過激なネタ満載なのに、ラブシーンには色気のカケラもない(笑)
どこまでもキュートなキャメロン・ディアスのおかげですかね。
コメディの女王だものね!

話はそんなに変わったものでもないと思うのです。
軽い恋のゲームを楽しむつもりが、本気の恋に四苦八苦する・・・みたいな。
それでも、生々しいガールズトークが炸裂するので充分補えると思いました。かなり辛らつなコメディ映画、のような気がします。

クリスティーナの友人コートニー役の女優さんがルーシー・リューに似ていると思うのは私だけかしら・・・
2006
04,11
リバティーンを観に行きました。

おのれ、マルコビッチ!!

という気持ちでいっぱいです。
マルコビッチが出演していた「危険な関係」という映画がありますが、あの雰囲気に限りなく近い感じ。
後味の悪さフォー!!
バッドエンドが嫌いなわけじゃないです。
ただ、ちょっと最後を端折り過ぎたような・・・
説明口調の台詞が多かったんですよね。
え、いつの間にそんなことになっていたの!?
と驚くことしきり。後半はストーリー展開が速すぎて、ついていけませんでした(;′д`)ノ
冒頭のシーン、そしてラストのジョニー・デップがとても素敵でした。
このシーンに彼の色気が凝縮されてましたね(笑)
この人はなんでこんなに飲んだくれの役が似合うんだろう・・・
そして破滅していく様が実にリアル!且つ艶かしい・・・

時代が激動するのではなく、一人の男が悲惨な末路を迎える話なんです。だから、映画より舞台向きじゃないかな?そんな印象を抱きました。
カレンダー
03 2019/04 05
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
(05/31)
(05/19)
(05/13)
(05/12)
(04/23)
プロフィール
HN:
天麩羅
性別:
女性
職業:
大学生
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/11)
(04/14)
(04/14)
(04/15)
(04/16)

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]